沖縄の三線初心者の為のサイト

沖縄の三線(さんしん)初心者

運営会社情報

三線(さんしん)と三味線の違いについて

最近すごくハマっていることがあって、それが沖縄三線(おきなわさんしん)です。
旅行した際に、沖縄三線の演奏を初めて聴き、その音色の虜になってしまいました。

 

というわけで、少し沖縄三線について語らせてください。
「三線」「三味線」の違いって、ご存知ですか?
私は、興味を持つまで全然知りませんでした。
今回は、三線と三味線の違いについて簡単にご紹介します。

 

三線と三味線の違い

 

どちらも3本の弦でできた「弦楽器」であるという部分は同じです。

 

≪三線≫
三味線より歴史が古い。
室町時代に現在の沖縄県である琉球王国に、
中国の弦楽器「三弦」が伝わり、それが発展したものととされています。

 

イヌマキやクスノキ、リュウガンといった木材で作られた胴に、
ニシキへビの皮を張り、棹(さお)に絹製の弦を3本張った和楽器。

 

水牛の角などで出来た爪(義甲)を指先につけて弾くのが基本です。

 

 

≪三味線≫

 

三味線は、安土桃山時代に誕生したとされています。

 

紅木や、紫檀、花林といった木材で作られた胴に、
猫の皮を張り、棹(さお)に絹製の弦を3本張った和楽器。

 

象牙やべっ甲で作られた銀杏形の撥(バチ)で弾くのが基本です。

 

このように、使われてる素材・何で弾くかなど違いますね。
そして、大きさですが三味線のほうが随分大きいです。

 

細かく説明すると、弾き方や音色など各所に違いもありますが、
今回は簡単な説明にとどめておきますね。

 

では、沖縄三線についてお話したいと思います。

 

 

沖縄三線の特徴

 

棹(さお/ソー)・胴(チーガ)・弦(チル)・カラクイ(糸巻きのこと)で成り立っており、
伝統的な7つの型があります。
この型ですが、棹の形状によって決まります。

 

そして、爪・撥(チミ・バチ)を使用して弾くことになります。

 

では、沖縄三線の7つの型を簡単にご紹介します。

 

◆南風原(フェーバル)型

 

最も古い型といわれている
棹は細めで、小ぶり

 

◆知念大工(チニンデーク)型

 

三線主取(サンシンヌシドゥイ)(三線製作者を管轄する役人)に任命された、
知念の作とされている

 

◆久場春殿(クバシュンドゥン)型

 

最も大きな型
胴内部の心の付け根に、段が施されている

 

◆久葉の骨(クバヌフニー)型

 

最も小ぶり
久場春殿(クバシュンドゥン)の作とされている
棹は最も細く、下方へ近づくにつれ太くなっている

 

◆真壁(マカビ)型

 

最も普及している
名工・真壁里之子(マカビサトゥヌシ)の作とされている

 

◆平仲知念(ヒラナカチニン)型

 

天の湾曲が大きく、中央と鳩胸の稜線が特徴

 

◆与那城(ユナグシク)型

 

与那城の作とされている
棹は厚みがあり、糸蔵は長めで鳩胸も大ぶり

 

※ユナーと呼ばれたりする

 

このように7つそれぞれに特徴があります。

 

真壁型が最も普及して、次に与那城が多く普及しています。
この2つの型が、他の型に比べ圧倒的に多く普及しているそうです。

 

●低価格ながら耐久性のある三線を探している方
●通常の三線の音色をお探しの方
●初心者で何を選んだら良いのか分からない方

ランキング


 

ちゅら企画のWEBアンケート実施による人気投票調べ。2016年10月現在

 

 


オススメの三線はこちら画像クリック↓↓

 

沖縄の三線(さんしん)初心者

 

     

サイト名 三線情報サイト
運営会社 株式会社 沖縄ちゅら企画
代表者 西平 政治
所在地 〒901-2102  沖縄県浦添市前田1004−7
連絡先 098-871-1996
メール info@okinanawanet.ocm
販売商品・価格 三線研究所

 

リンク

問い合わせ

名前 :
メール :
URL :
内容 :
 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ